長春からハルビンまで高速鉄道で行く方法(片道1時間)

長春にもちょっと飽きてきたので長春から更に北にあるハルビンという地域に行ってきました。昔はバスなどで行っていたそうですが最近は高速鉄道が開通したとのことで片道1時間くらいで行けるようになったそうなので行ってきました。

ちなみにハルビンは中国一美女が多い都市にもなったことがあるそうです。

切符の購入

切符売り場に着くと既に行列

多くの中国人が窓口に並んでいますが、、、

中国人のIDカードがあれば自動販売機が使えるんですよ

自動販売機で買った方が明らかに速いですし、アナウンスでもそのように伝えているのに多くの中国人は未だに窓口に並んでいました。めんどくさいんでしょうかね。

マッサージチェア

切符を購入して手荷物検査を終え、駅構内に入ると大量の椅子があります

なんとこの椅子全部マッサージチェアでした

支払いはもちろんWeChat。今回の旅で本当に中国では電子決済が流行っているんだなということを頻繁に感じました。

車内

見た目は日本の新幹線のような感じ

座席の間隔は割と余裕あります

コンセントも完備

ミルク味のアメが配られました

田んぼの景色が続きます

ホテル

水のマークが目印

中は立派

予約はこちらから。

ウィーン ホテル ハルビン セントラル ストリート ブランチ(ハルビン)– 2018年 最新料金

この写真だとちょっと分かりにくいですが、右が今回泊まったホテルで、左には別のホテルがあり、真ん中は警察署のような建物なっていました。

日本だと同じ建物に複数のホテルが入っていることが珍しいので斬新でした。

まとめ

日本の新幹線と同じ感じで揺れもほとんどなく座席のスペースも広いので座席を倒して仮眠することができました。長春北駅からハルビン西駅まで1時間ちょっとでした。

ハルビン西駅から中央大街まではタクシーで20元程度です。バスで行くことも出来るみたいですが大した金額でもないですし二人なのでタクシーが便利です。

ハルビン駅の方がホテルまでは近いんですがどうやらハルビン西駅行きの方が本数が多いようです。反対にハルビンから長春に戻る際はハルビン西駅から長春西駅までの便が多かったです。大体1時間に1本ほどありました。

書いた人

タイで会社をしながら周辺国を旅しているプログラマーであり、この「トラハ」の中の人でもあります。