世界遺産にも登録されているマレーシアの古都「マラッカ」を堪能する (食事編)

主にマラッカで滞在していて食べたものを記録しておきたいと思います。

上海以外で初めて白切鶏を食べました。

バクテー

今までシンガポールのソンファバクテーしか食べたことなかったので初めてマレーシアでバクテーを食べることが出来ました。やっぱり美味しかったです。

でかい骨付き肉のバクテー

この店は2種類バクテーがあって小さい骨付き肉と野菜類がいくつか入ったタイプと肉メインのものがありますが、せっかく食べるなら肉メインの方をおすすめします。

あっさりした味付けのご飯

鶏肉を生姜を赤ワインで煮込んだもの

酒が進まないわけがありません

地図を見る

チキンライス

正式には違うのかもしれませんが個人的にはタイのカオマンガイの方が好きでしたね。ブラックソースよりもタイのピリ辛のソースのほうが食欲が進みます。

1人前じゃ物足りないかもしれません

鶏エキスが染み込んだご飯

チンゲンサイの炒めもの

イカと唐辛子の炒めもの

マラッカは海鮮料理を出している店をよく見かけました。イカと唐辛子の炒めものは見た目通りかなり辛いんですが辛いだけじゃなくて旨味もあるのでこれだけでご飯何杯もいけます。

結局、チキンライスだけをおかわりしてしまいました。

地図を見る

中華料理

空芯菜にオムレツに白切鶏。それにお店の人に勧められた魚のすり身のやつとライスボール。ライスボールはもち米みたいなやつなのかと思っていたら普通のコメで個人的にはあまり好きではありませんでした。食べやすかったですけどね。

米が食べたいなら炒飯とか炒めたやつを食べた方が無難な気がしました。

Sサイズでこの量

少食の人なら食べるのきつい量かもしれません。テイクアウトもできたのでこれを肴に酒を飲むのも全然有りですね。ただ、ソースはあまりパンチがなかったのでもう少しソースにパンチがあると美味いんじゃないかと思いました。

ライスボール

ご飯を丸めたものですね。日本の米みたいに粘り気のあるものではないのであまりこういうのには合わないんじゃないかと思いました。もち米とかで作れば美味しそう。

玉ねぎの入ったオムレツ

魚のすり身の何か

魚のすり身なのは分かりましたが詳細はわからず。お店の人におすすめされたのでそのまま注文しました。

安定の空芯菜炒め

1人でこの量はやっちゃいましたね

お酒を飲まなかったのでなんとか食べきることが出来ました。これだけ頼んで50RM強でした。1人なら鶏肉、空芯菜炒め、ご飯くらいで十分な量だと思います。味は普通に美味しかったです。

上海に行くと毎回食べている白切鶏がマレーシアで食べれたのは素直に嬉しかったです。

地図を見る

バー

Jonkerの橋を渡ったすぐのところです。Hard Rock Cafeなどもすぐ近くにあります。

川沿いなので川を眺めながらお酒を飲んだりすることが出来ますが川自体があまり綺麗ではないので少し臭います。外の景色は遠目から見るか2階もあるようなので2階を利用しても良いかもしれません。

マレーシアではハッピーアワー時で1パイントが20RMから。コンビニだと500mlが12RMくらいとタイと比べて3倍くらいの値段がします。それでもインドネシアと比べるとコンビニ等で気軽に購入出来る点は良いです。

豚肉のソーセージの入ったサンドイッチ

店内

地図を見る

ナイトマーケット

安価で美味い中華料理を食べたいならJonkerストリートで行われているウィークエンド・マーケットに行くと屋台が沢山あって色々食べ比べできます。レストランもいいですが旅をしてる感が味わえる屋台はやっぱり良いですね。

オイスター

春巻き的なやつ

くだもの

麺線

清湯麺

地図を見る

まとめ

マラッカは小さい街なので徒歩圏内に色んなレストラン等があって利用しやすかったです。小さい街だとコンビニが少なかったりすることもありますがそんなことはなく食事関係で困ることはありませんでした。

今回、前半は Dataran Pahlawan Melaka Megamall の近く、後半はJonker Streetに泊まりましたがJonkerの方が観光客向けにバー等は多いですが若干値段は高めで大きなショッピングセンター等はないので前半に泊まったImperial Heritage Hotel周辺を拠点にナイトマーケットの時などにJonkerに出向くのが良いんじゃないかと思いました。

書いた人

タイで会社をしながら周辺国を旅しているプログラマーであり、この「トラハ」の中の人でもあります。 2018年11月からチェンマイに移住します。