ノマド向けモバイルディスプレイのDUEXを実際にカフェで使ってみた

チェンマイに戻ってきてからあまりカフェに行っていなかったんですが最近またカフェに行くようになってDUEXを使ってみたので感想を書いておきたいと思います。

持ち運びやすい

ラップトップに貼り付けるタイプなのでカバンにも入れやすく持ち運びやすいです。ASUS MB16ACの時はモバイルディスプレイだけでラップトップ入れを占領してしまっていたのでラップトップを別途ケースに入れたりしていました。

今使っているXPS 13はかなり小型なのでDUEXがはみ出してしまっていますがMBP 15であれば本体サイズと同程度ではみ出さないと思うのでより運びやすいんじゃないかと思います。こういう時は専用のアクセサリーが多いmacが羨ましくなります。

省スペース

CPT(格闘ゲームの大会)を観ながら読書しているところ。
ノマド用モバイルディスプレイの決定版になるか!?ノートパソコンに装着可能なディスプレイ「DUEX」

私が持っているもう一つのモバイルディスプレイASUS MB16ACは15インチなので結構大きく、またテーブルに置く必要があるので机のスペースも要求されます。

DUEXだとラップトップが置けるだけのスペースがあれば大丈夫なのでテーブルが小さいカフェでも利用可能です。

ケーブルが若干邪魔

DUEXに付属していたケーブルが硬く、若干長いためDUEXと本体を接続した時に結構余りが出来てしまい邪魔なのでカーリーケーブルなどに変更すれば改善できるかもしれません。

ただ、今探してみるとUSB-C同士のカーリーケーブルって無さそうですね。今後発売されるのを期待してます。

こういうのもアリ?

カフェとかで利用することを前提に考えるとディスプレイを横に配置するんじゃなくて上に配置した方が席のスペースをより考えなくても良いんじゃないかと思いました。

まとめ

DUEXを初めてカフェで使ってみましたが概ね良好でした。

普段自宅で仕事していてたまには外で仕事したい時があるのでそういう時に持ち出して使えそうです。

この記事を書いた人

タイで会社をしながら周辺国を旅しているプログラマーであり、この「トラハ」の中の人でもあります。 2018年11月からチェンマイに移住しました。