チェンマイでタイ人に人気な「Wat Phra That Doi Kham」

タイの祝日だったのでちょっと遠出してチェンマイの南の方にあるWat Phra That Doi Khamという寺院に行ってきました。

場所

市内から車で30分ほど掛かるので今回もバイクをレンタルしました。

寺院

綺麗な壁。
回廊にある黄金の仏塔。
巨大な銅鑼。
お布施用のお金を忘れても大丈夫な用に寺院にATMが設置されています。
象?ガネーシャではなさそうですが、、、始めて見ました。
涅槃像。
象の周りをぐるぐる周りながらお祈りをしていました。
仏像。

眺望

ビューポイント
龍の形をした階段がしたまで続いています。
この日はちょっとガスっていてイマイチだったんですど快晴の時だったらたしかに眺めが良さそうでした。

道を間違う

帰りに道を間違って全然違う道を5分くらい走ったところで迷ったことに気づいたんですけど素敵な景色を観ることができたので逆に良かったです。

Grand Pavilionに入れず

道に迷った挙げ句最終的に戻れたんですがもう一つ行ってみたかったGrand Pavilionにはチケットが必要とかでそのチケットをどこで手に入れれば良いのかスタッフに聞いてもよく分からなかったので今回は断念しました。

もし、次回もこの辺に来ることがあればチャレンジしてみたいと思います。果たして次回はあるのか。。。

まとめ

Doi Suthepと同様で山の上にあるので歩いて行くのはかなり根性が必要になります。(自転車で登っている人は何人か見かけました)

Doi Suthepの時よりもタイ人の割合が多かったように感じるのでローカル感を味わいたい人には良いかもしれません。とりあえず、チェンマイの有名な寺院に行きたい場合はDoi Suthepの方をおすすめします。

上記以外の写真は下記から閲覧可能です。

この記事を書いた人

タイで会社をしながら周辺国を旅しているプログラマーであり、この「トラハ」の中の人でもあります。 2018年11月からチェンマイに移住しました。