オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」

禁酒すると言ったものの良い出来事があったので近所のバーに行ってきました。

場所

ニマンヘミン通りから小道に入ったところにあります。夜だと街灯も少ないのであまり迷い込むようなエリアではないかもしれません。

店内

外にも2つほどテーブルがあるのでそこで飲むことも可能です。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
猫が居るバーっていいですよね。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
よくオーナーの後を追っているのを見かけます。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
DJがテキトーな音楽を流してくれたりイベントの時はバンド演奏があったりするそうです。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
無料のスヌーカーもあります。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
カウンターもあるので一人でふらっと飲むのもありです。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
東南アジア感のあるインテリア。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
基本的に椅子に背もたれがないので背もたれが欲しい人は奥にあるソファ席が良いかもしれません。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
遺跡感のあるスポットもあるので写真映えも良いです。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」

料理

フライドポテトとフライドチキン。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
白菜、豚肉、ミント。さっぱりした味付けでした。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
ヤムウンセン。久しぶりに食べました。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」
LEOの大瓶が80THBなので良心的な値段だと思います。
オーナーの事が大好きな猫がいる「Manung Bar」

その他にもシンハーやChangなど定番のビールも揃っています。

ウィスキー類はタイローカルのものだけだったと思います。

まとめ

猫の居るバーって癒やされるので最近ハマっています。

店内の雰囲気も良いのでチェンマイに寄った時には是非。

ただ、料理の味は普通なので2軒目にオススメします。

この記事を書いた人

タイで会社をしながら周辺国を旅しているプログラマーであり、この「トラハ」の中の人でもあります。 2018年11月からチェンマイに移住しました。